FC2ブログ
変態家畜飼育場
変態女の調教・家畜生活公開ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未紘 体験調教1

~口元写真あり~

身体検査をした翌日の8日に未紘から連絡がきた。 内容は調教の日程相談と私が出した簡単な羞恥命令の感想。

まず日程は12日の夕方、アルバイトが終わったら迎えに行く。宿泊可能ということで時間にはゆとりがあるので体験調教を受けさせてみよう。

次に羞恥命令の感想。

「ノーパンでアルバイトをした感想です。私とご主人様しかわからない事ですがドキドキしながら過ごしました。またやってみたいです」

またやってみたい。契約をすれば嫌と言うほどやらせる。


バイト先の近くに車を止めて未紘を待つ。 多少の残業をしたのか予定より遅れて未紘が現れた。
「検品終わらなくて遅くなりました」

特に気にする所では無いので未紘を乗せて車を走らせる。

今日の服装はブラウスに赤のカーディガン、黒のパンツ姿。
(コンビニのアルバイトの女の子は黒いパンツ姿が多いような)

大きなバッグには着替えとバイト先の制服が入っているという。

「不安ばかりですが頑張ります、今日はよろしくお願いいたします」
笑顔で挨拶をする未紘。


私は早速、未紘に指示を出してみる。

「未紘、早速だけど恥ずかしい事をしてみようか」

コンビニに車を止めて未紘のパンツのジッパーを下ろす。 ショーツを見えるように少し間口を広げる。 ショーツはピンク色。

私「未紘、そのままコンビニで買い物だ。未紘の食べたい物と飲みたい物を買ってきな」

未紘「…はい」

か細い声で返事をする。

お金を渡し未紘を買い物に向かわせる。

駆け足で未紘が戻ってきた。


私「ジッパーを開けてショーツを見せながら買い物をした感想は?」
未紘「レジの店員の男の人が何度か見ているのがわかりました。恥ずかしかったです」

ジッパーはそのままにさせてまた車を走らせる。

そしてまたコンビニに立ち寄る。
私「次はたくさんみてもらえるようにゆっくりと歩いて店内を散策して来ようか」

未紘「え…あ…はい。やります」
少し戸惑いをみせた。 私が間口を広げ直す。未紘はまたコンビニへと向かう。

15分くらい店内をうろついて車に戻ってきた未紘。何も買わずにはと思ったのか水を買ってきた。
未紘「店内は男性だけですれ違う前から視線を感じました」

私「恥ずかしくて嫌か?」

未紘「恥ずかしいですが嫌ではないです」

無理をしているようには見えない。 それならば少しレベルを上げてみよう。


人通りが少ない公園の駐車場にやってきた。

未紘を車から降ろし車の前に立たせる。

私「未紘、ズボンを膝まで下ろしてみようか」

未紘「え!?…人が来ちゃいます」
私「来る前に終わらせよう。早く脱がないと人が来るよ?」

ズボンを膝まで下ろしたがすぐに上げてしまった。

未紘「……出来ません」

私は未紘の頭を撫で車に乗せる。
私「初日にしてはよく出来たね」
未紘「ごめんなさい…」

私は車を飼育場に向けて車を走らせる

私「これから調教部屋に行くから着いたら今日はもう少しいやらしい事をするからね」

未紘「はい、頑張ります」

体験調教の初日なのであまり無理乞いはせず、辱しめていく事に。

体験調教2へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yhikaru.blog.fc2.com/tb.php/27-9978ab36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。